賃貸住まいの場合、どのような契約方法にすれば保険料を安くできる? - 火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 四日市

HOME > 目的別保険相談 > 賃貸住まいの場合、どのような契約方法にすれば保険料を安くできる?

火災保険の新規加入

賃貸住まいの場合、どのような契約方法にすれば保険料を安くできる?

2019年11月20日

【ご相談事例】

一人暮らしを始めることになり、賃貸契約を結ぶ予定です。
火災保険も契約の仕方を工夫すると保険料が安くなると教えてもらったのですが、賃貸住まいの場合はどのような契約方法にすれば保険料を安くできますか。

【ご回答】

賃貸契約時には、火災保険への加入が条件になっている場合がほとんどです。

しかし、火災保険の仕組みや補償内容を充分に理解していない人も多く、勧められたプランにそのまま加入する人も多いのではないでしょうか。

賃貸契約時の火災保険契約で、保険料を抑えたいとお考えの場合には、次のことに注意して契約するといいでしょう。

1.必要な補償の絞り込み

賃貸契約時の火災保険で重要になってくるのは、ご自身の持ち物に対する損害を守る「家財」と、火災などによって大家さんに損害を与えてしまった場合の賠償責任をカバーする「借家人賠償責任補償」です。

この2つが十分な額用意されているのかを確認し、その他の特約や補償については、不要なものを削っていくと保険料を抑えることができます。

2.契約期間をチェックする

火災保険は、契約期間が長くなるほど保険料が安くなります

そのため、数年にわたって部屋を借りる予定の方は、2年や4年など、なるべく長い期間で契約をするほうが保険料はお得になります。

ただし、その分、保険料をまとめて用意する必要があるため、無理のないプランを選ぶことも大切です。

なお、予定よりも早く退去か決まった場合には、未経過分の保険料は請求すれば返金されます。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村崇史

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社GMC

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00
土曜 9:00~12:00

〒510-0001
三重県四日市市八田3-3-20

TEL/059-361-0530
FAX/059-363-1644

公共交通機関をご利用の場合

近鉄富田駅から南へ徒歩15分

お車をご利用の場合

東名阪自動車道『四日市東インター』から15分

アクセスマップ
健康経営宣言しました
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。