台風被害で修理代200万円を火災保険から受取ました。火災保険はまだ有効でしょうか? - 火災保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 四日市

HOME > 目的別保険相談 > 台風被害で修理代200万円を火災保険から受取ました。火災保険はまだ有効でしょうか?

火災保険の保険金請求

台風被害で修理代200万円を火災保険から受取ました。火災保険はまだ有効でしょうか?

2018年02月07日

【ご相談事例】

先日、台風で屋根が飛ばされ、修理代の200万円を火災保険から支払ってもらいました。
火災保険の契約期間は1年で年間の保険料が4万円です。
すでに、払った保険料以上の補償を受けたのですが、火災保険はまだ有効でしょうか。

【ご回答】

火災保険の契約期間が残っていれば、支払った保険料以上の保険金を受け取った場合でも、その保険契約は有効です。

ただし、火災保険の保険金額の全額が支払われた場合(保険会社によっては、1回の事故について保険金額の80%相当額を超えた場合を全損としている場合もあるので、保険会社に確認をしておきましょう)には、その時点でその火災保険契約は「終了」します。

そのため、保険会社から支払われた保険金が「全損扱い」の場合には、火災保険が修了する可能性がありますので、契約している火災保険の契約内容を確認しておきましょう。

ちなみに、台風や突風、竜巻などで家屋が損害を受けた場合、「屋根の破損個所にブルーシートをかける」「破損したドアや窓のリフォームをするまでの間、応急的に修理をする」などの応急処置が必要になります。

こうした費用は契約している火災保険の「仮修理費用」や特約で補償してもらえる可能性があるので、保険会社に確認してみるといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村崇史

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社GMC

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00
土曜 9:00~12:00

〒510-0001
三重県四日市市八田3-3-20

TEL/059-361-0530
FAX/059-363-1644

公共交通機関をご利用の場合

近鉄富田駅から南へ徒歩15分

お車をご利用の場合

東名阪自動車道『四日市東インター』から15分

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。