生命保険のリビングニーズ特約は付けておいた方がいいのでしょうか。 - 生命保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 四日市

HOME > 目的別保険相談 > 生命保険のリビングニーズ特約は付けておいた方がいいのでしょうか。

生命保険の加入中

生命保険のリビングニーズ特約は付けておいた方がいいのでしょうか。

2014年11月25日

【ご相談事例】

リビングニーズ特約は付けておいた方がいいのでしょうか。

【ご回答】

「リビングニーズ特約」は、余命6カ月以内と医師に診断されたとき、所定の範囲内で死亡保険金を生前に受け取れる特約です。

保険料はかかりませんので、付けておいた方がいいと思われます。

医師から自分の余命を告げられたとき、積極的な治療をするより、介護や看護を受けながら苦痛をコントロールして、穏やかに過ごしたいと考える人がいます。

その一方で、あらゆる治療法を駆使して最後まで病と闘い続けたいと考える人もいます。

「リビングニーズ特約」を付けておけば、こうした治療を受けるために必要なお金を賄えますので、残りの人生を悔いなく過ごす手伝いをしてくれるはずです。

ちなみに、「リビングニーズ特約」を用いて、死亡保険金をすべて生前に受け取ると、その死亡保障が主契約であれば契約は消滅します。

医療保険などの特約として付加していた死亡保障であれば、主契約の入院保障などは残ります。
そのため、以後の保険料は減額されるか、保険料の支払い自体がなくなります。

もしも、被保険者に余命を告げていない場合、こうした保険料の変化で、自身の余命に気づいてしまうかもしれません。

こうしたケースでは、手続きを慎重に行う必要があります。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村崇史

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社GMC

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00
土曜 9:00~12:00

〒510-0001
三重県四日市市八田3-3-20

TEL/059-361-0530
FAX/059-363-1644

公共交通機関をご利用の場合

近鉄富田駅から南へ徒歩15分

お車をご利用の場合

東名阪自動車道『四日市東インター』から15分

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク