生命保険は若いうちに入ったほうがいいと勧められました。なぜですか? - 生命保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 四日市

HOME > 目的別保険相談 > 生命保険は若いうちに入ったほうがいいと勧められました。なぜですか?

生命保険の新規加入

生命保険は若いうちに入ったほうがいいと勧められました。なぜですか?

2018年12月13日

【ご相談事例】

生命保険は若いうちに入ったほうがいいと勧められました。
そもそも、健康なので生命保険は必要ないと思うのですが、年を取って健康不安が出てから加入したほうがいいのではないでしょうか。

【ご回答】

生命保険の必要性はそれぞれで、年齢が若くて健康に不安のない時には生命保険の必要性をあまり感じることはないと思われます。

しかし、若いうちに生命保険に入っておくと、次のようなメリットがあります。

■大きな保障を安い保険料で備えることができる

年齢が若いと保険会社のリスクが低いため、安い保険料で大きな保障を準備できます。

また、生命保険の中には保険料が満期まで変わらないものもあるため、早めに生命保険に加入することで、保険料の負担を軽くすることができます。

■万一の備えができる

病気やけがは、予告なく突然訪れます。早めに備えておけば、万一の場合でも安心できます。

一方、年齢を経て健康に不安が出てから生命保険に加入しようとすると生命保険の加入を断られたり、生命保険の加入が認められても補償内容が制限されたりすることがあります。

また、年齢を経ていると保険料の負担が大きくなることや、加入できる保険が限られてしまうことがあります。

生命保険は「もしもの場合に備える」ためのもので、不安が現実のものになってから加入するのでは遅いといえます。

生命保険にはさまざまなタイプのものがありますので、必要性を感じているようでしたら、これをきっかけに生命保険を検討してみるといいかもしれません。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村崇史

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社GMC

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00
土曜 9:00~12:00

〒510-0001
三重県四日市市八田3-3-20

TEL/059-361-0530
FAX/059-363-1644

公共交通機関をご利用の場合

近鉄富田駅から南へ徒歩15分

お車をご利用の場合

東名阪自動車道『四日市東インター』から15分

アクセスマップ
健康経営宣言しました
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。