地震保険は家財の方が得だと聞きましたが、理由は何ですか? - 地震保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 四日市

HOME > 目的別保険相談 > 地震保険は家財の方が得だと聞きましたが、理由は何ですか?

地震保険の新規加入

地震保険は家財の方が得だと聞きましたが、理由は何ですか?

2015年08月24日

【ご相談事例】

地震保険は家財のほうが得だと聞きました。
何故でしょうか?

【ご回答】

地震保険における災害の認定要件や、保険金の支払い方法は「建物」と「家財」で異なります。

もしもの場合を想定すると、建物よりも家財のほうが保険金が支払われやすい傾向にあり、このことから「家財のほうが得」と言われています。

例えば、「建物」を見た場合、築年数が古い建物であれば、地震で倒壊や半壊する可能性が高くなります。

しかし、最近の建物は免震性や耐震性に優れており、たとえ大きな地震が発生しても、ほとんどが建物の一部に亀裂が入る程度の「一部損」で済むケースが多いようです。

建物の損害区分を被害の程度によって見てみると...

全損...主要構造部の損害額が建物の時価の50%以上、または焼失、流出した床面積が建物の延床面積の70%以上

半損...主要構造部の損害額が建物の時価の20%以上50%未満、または焼失、流出した床面積が建物の延床面積の20%以上70%未満

などとなっており、十分な保険金が支払われるには、かなりハードルが高いといえます。

一方、家財の場合は、

全損...損害額が家財の時価の80%以上

半損...損害額が家財の時価の30%以上~80%未満

一部損...損害額が家財の時価の10%以上~30%未満

などとなっており、建物に比べると保険金が支払われやすい傾向にあります。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村崇史

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社GMC

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00
土曜 9:00~12:00

〒510-0001
三重県四日市市八田3-3-20

TEL/059-361-0530
FAX/059-363-1644

公共交通機関をご利用の場合

近鉄富田駅から南へ徒歩15分

お車をご利用の場合

東名阪自動車道『四日市東インター』から15分

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク