地震保険は損害の程度によって補償が変わるようですが、損害の査定はどのように行われるのでしょうか? - 地震保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 四日市

HOME > 目的別保険相談 > 地震保険は損害の程度によって補償が変わるようですが、損害の査定はどのように行われるのでしょうか?

地震保険の保険金請求

地震保険は損害の程度によって補償が変わるようですが、損害の査定はどのように行われるのでしょうか?

2020年07月08日

【ご相談事例】

地震保険について質問です。
地震保険は損害の程度によって補償が変わるようですが、損害の査定はどのように行われるのでしょうか。

【ご回答】

地震により、地震保険の対象となっている建物や家財が損害を受けた場合、地震保険から保険金が支払われます。

このとき、支払われる保険金は実際の損害額ではなく、損害の状況に応じて「全損」、「大半損」、「小半損」、「一部損」に分類され、損害の程度に応じて支払われます。

損害の程度については、建物の場合、地震保険の調査員が建物の主要構造(基礎、屋根、外壁、内壁)の状態を調査して損害の程度を以下のように判定します。

全損…主要構造部の損害額が時価の50%以上である損害、焼失もしくは流失した部分の床面積が延床面積の70%以上である損害

大半損…主要構造部の損害額が時価の40%以上50%未満である損害、焼失もしくは流失した部分の床面積が延床面積の50%以上70%未満である損害

小半損…主要構造部の損害額が時価の20%以上40%未満である損害、焼失もしくは流失した部分の床面積が延床面積の20%以上50%未満である損害

一部損…主要構造部の損害額が時価の3%以上20%未満である損害、建物が床上浸水もしくは地盤面より45cmをこえる浸水を受け損害が生じた場合で、全損・半損に至らないとき

家財の場合も同様で、地震保険の調査員が家財の状態を調査し、食器陶器類、電気器具類、家具類、その他身の回り品、衣類寝具類など種類ごとに損害の状況を以下のように判定します。

全損…損害額が家財全体の時価の80%以上である損害

大半損…損害額が家財全体の時価の60%以上80%未満である損害

小半損…損害額が家財全体の時価の30%以上60%未満である損害

一部損…損害額が家財全体の時価の10%以上30%未満である損害

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村崇史

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社GMC

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00
土曜 9:00~12:00

〒510-0001
三重県四日市市八田3-3-20

TEL/059-361-0530
FAX/059-363-1644

公共交通機関をご利用の場合

近鉄富田駅から南へ徒歩15分

お車をご利用の場合

東名阪自動車道『四日市東インター』から15分

アクセスマップ
健康経営宣言しました
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。