地震で裏庭ががけ崩れの危険があり、住むことができません。この場合、地震保険で補償してもらえる? - 地震保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 四日市

HOME > 目的別保険相談 > 地震で裏庭ががけ崩れの危険があり、住むことができません。この場合、地震保険で補償してもらえる?

地震保険の保険金請求

地震で裏庭ががけ崩れの危険があり、住むことができません。この場合、地震保険で補償してもらえる?

2019年09月18日

【ご相談事例】

地震で大きな揺れがありましたが、幸いにも住宅に被害はありませんでした。
しかし、裏庭ががけ崩れの危険があり、住むことができません。

この場合は、地震保険で補償してもらえるのでしょうか。

【ご回答】

地震によって地滑りなどの危険性が生じ、地震保険の対象になっている建物が住めない状態になった場合、その建物を「全損」とみなして保険金が支払われることがあります。

しかし、一時的な避難など、居住できない期間が短期間で終息する場合には、全損の扱いを受けることはありません。

また、地震保険には「地震等が発生した翌日から起算して10日を経過した後に生じた損害に対しては、保険金は支払われない」ことが約款に規定されています。

そのため、がけ崩れの危険性が災害から1カ月後など、時間が経過してから発生している場合には、保険金の支払いの対象とならないと考えられます。

このように、地震保険の保険金支払いについては細かく定められているため、損害の状況を正確に保険会社に伝え、保険金支払いの対象になるのか確認をしておきましょう。

なお、地震保険の保険金支払いについて、連絡を受けた保険会社は迅速に損害調査を実施し、損害の認定に応じて保険金を支払います。

地震によって損害を受けた場合には、早めに保険会社に連絡をして、生活の再建を進めていきましょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村崇史

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社GMC

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00
土曜 9:00~12:00

〒510-0001
三重県四日市市八田3-3-20

TEL/059-361-0530
FAX/059-363-1644

公共交通機関をご利用の場合

近鉄富田駅から南へ徒歩15分

お車をご利用の場合

東名阪自動車道『四日市東インター』から15分

アクセスマップ
健康経営宣言しました
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。