がん保険で保険金が支払われないケースはどのような場合がありますか? - がん保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 四日市

HOME > 目的別保険相談 > がん保険で保険金が支払われないケースはどのような場合がありますか?

がん保険の保険金請求

がん保険で保険金が支払われないケースはどのような場合がありますか?

2016年12月22日

【ご相談事例】

友人ががん保険に入っていたのに、保険金が支払われなかったと言っていました。
がんになったのに支払われないのはどのような場合でしょうか?

【ご回答】

がん治療で必要な治療費や、治療中の生活費の負担に備える「がん保険」。
しかし、がんになったからといって、必ず給付金が支払われるわけではありません。

1.通院だけでは支払われないケースがある
がん保険の「入院給付金」は、入院が支払いの条件になっているため、通院のみの治療では給付金は支払われません。

最近では通院治療が増えているほか、入院期間も短くなる傾向にあります。

そういった点では、がんと診断された時点で支払われる「がん診断給付金」は入院期間に関係なく給付金が支払われるため使い勝手のよい保障と言えます。

2.がん保険に入った直後だったため、給付金が支払われない
がん保険の場合、保険契約の始期から一定の期間、給付金が支給されない「不担保期間」があり、保険料を支払っていても給付金は支給されません。

これは、給付金目当てに、がんの疑いのある人が駆け込みでがん保険へ加入するのを防ぐ目的もあります。

3.告知に問題があると、給付金は支払われない
保険の契約時には、健康状態について正確な申告をしなくてはなりません。

これを「告知」といいますが、告知に嘘があったり不備があったりすると、給付金が支払われないケースがあります。

以上は主なケースで、がん保険で給付金が支払われないケースはこのほかにも考えられます。

詳細は契約内容によって異なります。
不明な点がありましたらお気軽にお問合せください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村崇史

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社GMC

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00
土曜 9:00~12:00

〒510-0001
三重県四日市市八田3-3-20

TEL/059-361-0530
FAX/059-363-1644

公共交通機関をご利用の場合

近鉄富田駅から南へ徒歩15分

お車をご利用の場合

東名阪自動車道『四日市東インター』から15分

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク