「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」はがん保険の先進医療特約で保障可能? - がん保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 四日市

HOME > 目的別保険相談 > 「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」はがん保険の先進医療特約で保障可能?

がん保険の保険金請求

「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」はがん保険の先進医療特約で保障可能?

2016年08月19日

【ご相談事例】

がん保険の先進医療特約へ加入しています。
来月、先進医療の1つ「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」を受ける予定です。
加入している先進医療特約で保障されますか。

【ご回答】

がん保険についている先進医療特約は、「がんを直接の原因として先進医療を受けた場合」に給付金が支払われるのが一般的です。

ご質問いただいた「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」は白内障の治療を目的とした医療技術です。

がんの治療には該当しないため、がん保険の先進医療特約では保障されないと考えていいでしょう。

がん保険の保障内容は保険会社によって異なります。
まずは加入しているがん保険の先進医療特約の契約内容を確認し、給費対象となっている先進医療の範囲を確認してみましょう。

約款などで確認できない場合には、加入しているがん保険の保険会社に問い合わせると、回答をもらえるはずです。

もしも、がん保険とは別に生命保険や医療保険などに加入していて、それらにも先進医療特約が付いている場合には、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の技術料が給付金の給付対象になる可能性があります。

該当する方は、生命保険や医療保険の契約内容も確認しておくといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村崇史

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社GMC

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00
土曜 9:00~12:00

〒510-0001
三重県四日市市八田3-3-20

TEL/059-361-0530
FAX/059-363-1644

公共交通機関をご利用の場合

近鉄富田駅から南へ徒歩15分

お車をご利用の場合

東名阪自動車道『四日市東インター』から15分

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク