第143回 熱中症の対策を!!! - GMCブログ - 保険相談 見直し.jp - 四日市

HOME > GMCブログ > 第143回 熱中症の対策を!!!

GMCブログ

第143回 熱中症の対策を!!!

2012年08月01日

熱中症とは、高温多湿な環境で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整機能がうまく働かないことにより起こります。その症状はさまざまで、発熱、筋肉痛や大量の発汗、吐き気や倦怠感、重症になると意識障害などが起こり、しばしば命にかかわります。

平成23年の夏期シーズン(7~9月)、熱中症で救急搬送された人は全国で約4万人。このうち44%が65歳以上の高齢者でした(総務省消防庁調べ)。そして重症患者の60%は室内で熱中症にかかっています。なかでも高齢者の場合は、夏の夜、エアコンや扇風機をつけず、窓を閉め切って蒸し風呂状態で寝ている間に熱中症にかかり、朝、亡くなって発見される事例も数多く報告されています。

このように熱中症は、気温や湿度が高いといった外的要因と、高齢、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが絡み合うことで発生が高まるため、暑さだけに注意を払っていると症状を見逃してしまう場合も。特に高齢者は暑さや水分不足(脱水)に対する感覚機能が低下しているため、暑さに対する体の調整機能も低下しています。そのため、ご利用者やご家族は、こまめな水分補給だけでなく、室温や換気にも気を配るよう注意を促しましょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村崇史

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社GMC

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00
土曜 9:00~12:00

〒510-0001
三重県四日市市八田3-3-20

TEL/059-361-0530
FAX/059-363-1644

公共交通機関をご利用の場合

近鉄富田駅から南へ徒歩15分

お車をご利用の場合

東名阪自動車道『四日市東インター』から15分

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク